結婚相談所のおすすめ&一押し!本気の婚活!!

本気の婚活で最高のパートナーを探そう!結婚相談所のおすすめと、さくいろが幸せな結婚に役立つ豆知識を提供するサイトです(^ω^)♬

ツヴァイ

ツヴァイの特徴は?メリットとデメリットのまとめです

投稿日:2017年3月7日 更新日:

ドイツ語で2を意味するツヴァイ、楽天オーネットと双璧となる結婚相談所です。そこにはどんな特徴があるのでしょうか?

1)ツヴァイの主な特徴

ツヴァイはイオングループに所属し、積極的に法人契約を行なってます。対象法人団体数は2万以上、中でも官公庁の他、トヨタ、キャノン、富士ゼロックスといった名だたる企業と提携していることは有名で高スペックな会員が集まりやすい環境です。

徹底したセキュリティーの中、全国で多くの会員に利用されています。

 

※2017年2月時、公式より引用

その他

・20歳以上が対象
・会員は年齢30~40代が最も多い
・法人割引が効き、20代には大幅な入会初期費用割引制度あり。

名だたる企業の一覧、そして自身の勤め先によっては手頃な価格で利用できるチャンスがあるので、 ぜひ一度公式ホームページをご覧ください。

 

 

 

2)ツヴァイの婚活方法

 

 

①データーマッチング

ツヴァイでは相手のデータを1まとめにせず、
学歴・年収等の「条件」結婚観を含めた32項目の「価値観(愛コンパス)」の2つに分けています。

毎月データ上で両想いになった相手の紹介状が年間紹介契約数に応じて送付されます。

双方にデータが送られるため、その時点で互いに情報共有できます。
※この時点で相手の写真・連絡先は掲載されていません

プラン別の年間紹介契約数
「条件データが一致した相手」
「愛コンパスにて価値観が一致し、紹介状の交換が成立した相手」の合計で構成されます。

 

写真はWEBか支店検索(相手がWEBに写真を掲載していない場合)で確認できます。

この結果を加味し、コンタクトするかを決め、申請→お見合いが成立すれば連絡先の交換をすることができます。

②PRボード

自身の写真と手書きのメッセージを各店舗に設置してあるボードにはることができます。

特定のエリアに焦点を当てたい場合や、より多くの人に自分のことを知ってもらいたい時の手段です。

 

③マイページ(WEB)

WEB会員に登録すると、自身の情報や自己PRを掲載することができます。(写真は任意)
※入会してから2ヶ月間は自動的に自分の情報が掲載される仕様です。

24時間、どこでも掲載されている相手のプロフィールを検索することができます。
(このプロフィールに相手の細部にわたることは掲載されていません。)

 

④ペアメイキング(オプション)

仲人仲介として、専用のコンサルタントを通じて自分に合いそうな相手を紹介してもらったり、 お見合いの仲立ちをしてもらうことができます。

プロに頼むことにより、自身の価値が高く相手に伝わり、中々相手に思うように会えない時や、パーティー等で知り合い、もう一度会いたい時等、ここぞという時の切り札として有効なツールです。

ペアメイキングを通した場合連絡先の交換は任意で、伏せた状態でも相手とお見合いすることができます。

 

⑤婚活パーティー(オプション)

会員限定型のパーティーで、1対1交流特化型~大型パーティーを始め、料理・ゴルフ等の体験型の他 セミナー系等多種多様です。

※ここでの会員とは、ツヴァイが運営する「クラブチャティオ」の会員で、「全員がツヴァイの人ですよ。」ということではありません。

 

3)ツヴァイの料金

 

ツヴァイの料金は主に2つのプランに分かれ、ここに年間紹介契約数を加えた月額により構成されます。
※下記に表示されている金額は全て税抜きです。

①パーソナルサポートプラン
毎月2回ペアメイキングを利用できるプランです。
これにより、定期的な仲人仲介を可能にし、データーマッチングと併用することができます。

入会初期費用と内訳
入会金    30,000円
情報選択料  50,000円
活動サポート 65,000円

※月額    13,800円

②パーソナルアクティブプラン
自身での活動を主体し、データーマッチングに専念するプランです。

ペアメイキングがつかない為、①より費用はお手頃です。それに伴い、お見合いの段取りは全て本人たちで行います。

入会初期費用と内訳
入会金    30,000円
情報選択料  50,000円
活動サポート 25,000円

※月額 13,800円

※月額紹介人数は①②共に年間最多数の72人以上の価格です。

月換算だと平均6名でさほどの人数でない上に、このプランが最も1人当たりにかかるコスパが良いのです。

各紹介人数別の費用一覧

年間紹介
契約数
月平均
紹介数
値段 紹介1人分
当たりのコスト
12名 1名 9,500円 9,500円
24名 2名 9,900円 4,950円
36名 3名 12,600円 4,200円
48名 4名 13,000円 3,350円
60名 5名 13,400円 2,680円
72名
以上
6名
以上
13,800円 2,300円

③ペアメイキング
※1回5,000円の成功報酬制で①②タイプのどちらでも任意でつけることができます。

①パーソナルサポートプラン→プラン内の利用回数を超えてしまった場合
②パーソナルアクティブプラン→ここぞという場面の切り札に利用すると良いでしょう。

4)ツヴァイのメリット、デメリット

 

メリット
①著名な法人契約
ツヴァイはイオングループという大きな後ろ盾の基、著名な法人契約・割引を積極的にしています。

そういった人が集まりやすい 環境の為、条件の良い相手が見つかることに期待できます

②両想い制のデーターマッチング
ツヴァイでは予め条件が一致するもの同士にフォーカスしている為、一定の安心感があると共に互いの情報共有がスムーズです。

これによりコンタクトをとれる確率が高くなります。

③お見合いまでの工程が短く傷が浅い
ツヴァイでは、紹介状交換後、最初にコンタクトが成立した時点でお見合いとなり、出逢うまでの工程がスムーズです。

コンタクト申請前にWEBや支店で相手の写真を見ることができる為、コンタクトが不成立だった場合でも その具体的な理由はオブラードに包まれ、(データが一致するも会うまでに至らなかったのか、写真がNGなのか判断できない為) そういった意味で傷が浅くて済みます。

④手頃な価格でサポートがつけらる
ツヴァイではペアメイキングを必要に応じて付けることが出来るため、自分の都合に合わせて婚活がカスタマイズできます。

データーマッチングと仲人仲介のいいとこどりができる仕様になっているのです。

 

デメリット

①交際期間が短い
ツヴァイでは休会制度があるものの、年間取得期間は半年、1回毎の使用は3ヶ月を上限としており、この期間で成婚候補を決めることが必要になります。

会うまでの工程が短いことも加え、じっくり時間をかけて成婚相手を見極めたい人には厳しい仕様となるでしょう。

②サポートが薄い
データーマッチングを主体としている為、サポートはお相手と初回引き合わせ時の仲立ちをメインとし、 以後1人に対してじっくり時間をかけることは厳しい環境になっています。

5)ツヴァイ向いている人、向かない人

向いている人
・両側性のデータマッチングを重視し、互いに情報共有したい人
・自身の環境に特定の縛りや条件があり、相手の詳細な身元保証に重きを置く人
・法人契約、提携している会社に魅力を感じる人
・法人割引を利用し、手ごろな価格で婚活をしたい人
・ある程度の恋愛経験があり、自己分析もほぼ完成している人
・データーマッチング、仲人仲介制を両方利用したい人
・主体性があり、サポートは必要最小限で充分な人

向かない人
・サポートを手厚く求める人
・受け身で消極的な人
・長くつきあってから相手を見極めたい人
・自分の手で切り開ける自信のある人

 

ツヴァイの特徴は「楽天オーネット」パートナーエージェント」の中間に位置しています。

データマッチング兼仲人制で精度の高い情報の基でバランス良く婚活してみたい人にはおすすめの結婚相談所です。

 

自身の通いやすさを含めた環境と求めるものを明確にしたうえで、よく比較し、検討してみてください。
結婚仲介所

-ツヴァイ

執筆者:

関連記事

パートナーエージェントと楽天オーネット・ツヴァイを比較。

パートナーエージェントは「仲人仲介制」を主体とし、コンシェルジュと2人3脚制の婚活スタイルをとっています。   このため「データマッチング制」を土台にし、担当者のサポートは必要最小限で自身を …

楽天オーネットとツヴァイを比較してみました。

楽天オーネットとツヴァイ。 大手結婚相談所で双璧となり、データマッチングを主体とした婚活は一見似たように感じますが、 比較してみると意外に異なる点があるものです。それは一体どんなことなのでしょうか? …

大手三社の結婚相談所の料金を比較してみました。

結婚相談所を比較・検討する時、やはりどうしても気になるのが料金です。大手3社の料金・内訳共にそれぞれ特徴があります。   ここでは楽天オーネット、ツヴァイ、パートナーエージェントの大手三社の …