結婚相談所のおすすめ&一押し!本気の婚活!!

本気の婚活で最高のパートナーを探そう!結婚相談所のおすすめと、さくいろが幸せな結婚に役立つ豆知識を提供するサイトです(^ω^)♬

パートナーエージェント

パートナーエージェントの強みとデメリットのまとめです。

投稿日:2016年8月1日 更新日:

【目次】
1)パートナーエージェントの4つの強み。
2)パートナーエージェントのデメリット
3)資料だけでも取り寄せをすすめる理由
4)パートナーエージェントとわたしの価値観

大手の結婚相談所といっても実にたくさんあります。またその内容にも個性があって様々です。
本サイトでおすすめしたいパートナーエージェント、そこにはどんな強みがあるのでしょうか?


 

1)パートナーエージェント4つの強み

 

 ①あらゆる数字をデータ化している

 

パートナーエージェントは成婚にまつわる実績などを算出起源と併せて分かりやすくしています。これは会社の利益のみ優先する 結婚相談所がうやむやにする点でもあります。

 

結婚相談所業界において「成婚率」の出し方に定義はなく、各相談所の自由です。言い換えれば国勢調査の婚姻率に忠実な方法でもいいし、自社に都合のいい計算法でも構いませんよ…ということなのです。

 

この他にパートナーエージェントは「結婚できない人をゼロに」…っといった絶対数(0や100)を表看板に上げています。これにはリスクが伴い、 覚悟があるからこそできることなのです。

 ②出会い保証制度がある

 

パートナーエージェントは「コンシェルジュコース」(仲人型紹介システム)に入会後、3ヶ月以内に双方合意のお見合いが0件だった場合、「登録料全額返金制度」を適用しています。

 

結婚相談所には入会するものの、お見合いを提供してもらえず、ただ嫌な思いをしただけ…というのは珍しい話ではありません。
出会いを一定期間内に保証し、かつ返金制度があるという点も信頼できる要素の1つです。

 

 ③担当者を変えることができる

 

パートナーエージェントは相談者の未来を見据えた幸せな結婚に全力で取り組んでいます。この為相談者の方向性を明確にするために時には3~4時間に及ぶ入念な話し合いをする場合もあります。

 

その後、プロ目で厳選した相手を紹介してくれます。口コミによると、自分の好みよりも担当者が紹介してくれた相手の方が良かった…という説もあります。

 

しかし、人と人とのやりとりに相性はつきものです。
特に結婚相談所のようなところは、相談者と担当者の相性が成功の明暗を分けてしまいます。

 

この中で「担当者を変えることができる」というの仲人仲介制のスタイルをとっているパートナーエージェントは顧客にとっても強みなのです。

※個人経営の結婚相談所は担当者と相性が合わなければ、そこでおしまいです。

 

 ④ゼクシィ縁結びカウンター、Yahoo!婚活コンシェル会員と提携している。

 

オプションのマイPR(税抜き4,000円)に入会すると上記の会員と接点持つことができます。これにより、ゼクシィ縁結びカウンターの会員の写真付きプロフィールを見ながら月10名まで自由に検索し、申し込むことができるようになります。

 

その為コンシェルジュに定期的に相談・紹介してもらいながら、別口で自分が選んだ相手にアプローチすることができ、「あの時自分で選んでいたらどうなっていただろう?」といった選択肢が頭をもたげることなく、より納得のいく婚活をすることができます。

 

2)パートナーエージェントのデメリット

 

①大手の中で会員数と店舗が少ない

全国展開している楽天オーネットやツヴァイに比べ、会員数及び店舗数が少ない…という点があります。この為、住まいによっては通いにくいといったことも予想されます。

しかし全国の結婚相談所の中では間違いなく大手で会員数も多く、業界トップの成婚率を上げています。こういったデメリットを抱えながらも確かな成果を生み出していく姿は極めて優秀だといえます。

②入会審査が厳しい

パートナーエージェントは年収・学歴等の外面的な条件に加え、独自の方法で会員を精査しています。

 

この為、入会を希望するも叶わず…といったこともあります。当事者には苦々しいものではありますが、私は相談者にふさわしい相手を紹介したいからこそのプロ意識だと捉えています。

 

目先の利益が欲しいだけなら入会規制を緩くし、手広く受け入れればいいだけのことだからです。

③IBJ(日本結婚相談所連盟)を脱退

2016年6月末をもってパートナーエージェントはIBJから脱退しています。

楽天オーネット、ツヴァイに比べ会員数の少ない弱点をカバーしていたこと、貴重な出逢いが少なくなることにより、既存の会員に大打撃を与えてしまったことは否めません。このことは本当に残念でした。

しかし、パートナーエージェントはゼクシィ縁結びカウンターと連携しています。

 

ゼクシィ縁結びカウンターは手頃な金額で自分の目的に合わせて自由に婚活できる今注目度の高い、人気の結婚情報サービスです。その提携先に選ばれたということが実力は健在だという証になり、今後の巻き返しにも充分期待できるといえます。

 

3)資料だけでも取り寄せをおすすめする理由

 

パートナーエージェントの資料は、メリットだけを美しく盛り込んだ自己PRのオンパレードではありません。

 

特に付属の小さな赤い本「Q&A」には結婚相談所を精査するに当たり、明確にしておきたい要素がたくさん含まれています。この為、他の結婚相談所を検討するときも資料を見比べて事前に何を確認しておく必要があるのか明確になるのです。

 

パートナーエージェントは安心して資料を取り寄せることができます。会員に無理な入会を薦めないスタイルを徹底しているからです。

 

4)パートナーエージェントと私の価値観

 

私がパートナーエージェントをおすすめする一番の理由は自身の価値観と最も一致しているからです。

結婚が必ずしも幸せを約束するものではなく、すべては本人次第。

だからこそ、本人が結婚に対する自分の気持ちと向き合い、どう考え行動すればいいか…そのヒントを提供したいという点です。

 

 

 

本気で婚活したいと思う人の大半は魅力がありつつも、それが分からず、うまく表現できなかったり、そもそも本当はどんな人を求めているかも分からなかったり模索しながら婚活することが殆どなのです。

パートナーエージェントは検討する価値があります

-パートナーエージェント

執筆者:

関連記事

パートナーエージェントと楽天オーネット・ツヴァイを比較。

パートナーエージェントは「仲人仲介制」を主体とし、コンシェルジュと2人3脚制の婚活スタイルをとっています。   このため「データマッチング制」を土台にし、担当者のサポートは必要最小限で自身を …

大手三社の結婚相談所の料金を比較してみました。

結婚相談所を比較・検討する時、やはりどうしても気になるのが料金です。大手3社の料金・内訳共にそれぞれ特徴があります。   ここでは楽天オーネット、ツヴァイ、パートナーエージェントの大手三社の …

パートナーエージェントってどんなところ?特徴とは?

「結婚できない人をゼロに」といったキャッチフレーズで有名なパートナーエージェント。 パートナーエージェントのは一体どんな特徴があるのでしょうか? 目次1)パートナーエージェントってどんなところ?2)パ …