結婚相談所のおすすめ&一押し!本気の婚活!!

本気の婚活で最高のパートナーを探そう!結婚相談所のおすすめと、さくいろが幸せな結婚に役立つ豆知識を提供するサイトです(^ω^)♬

婚活の背景(ちょっと辛口)

アラサーの婚活

投稿日:2016年11月7日 更新日:

アラサーの婚活で大切なこと
【目次】
1)アラサー婚活への心構え
2)いつ婚活を始めればよいのだろう?
3)婚活前の準備運動

アラサーの婚活は基本的に難易度が高いです。特に女性の婚活はより割り切りと覚悟が求められます。なぜなら高スペックの男性は20代前半の若い女性を充分に狙える為、年齢だけで選考外にしてしまうことがあるのです。そのため「普通のアラサー女性」がフツーに(努力なし)に手に入れられるのは今あなたが選考外にしている男性になってしまうのです。

ではアラサーの婚活で大切な人と出逢い関係を構築するにはどうすればよいのでしょうか?

1)アラサー婚活での問題
『考えているだけで何もしないこと』
何もしないから、何も起こらず、堂々巡り、その結果時間だけが過ぎていくのです。

『周りが変わってくれることを待っている』
このような状態で理想の相手がある日自分の前に現れる…といった夢のような展開はありません。ごくまれに棚からぼたもち的な展開でうまく結婚に結びつく人がいますが、その人はすべからく自身の努力や苦労の種が知らないところで花開いていただけのことなのです。
※努力が日常化していて本人に自覚がない場合もあります。

1)婚活への心構え
アラサーの婚活としてまず「自分の理想を相手に求めるには、相手が求める条件を満たしてからなのだ」と認識する必要があります。自分を変える気なければ、妥協するかあきらめるしかないのです。

また打たれ弱いと婚活が長引いた時、すぐに婚活疲れを起こしたり、挫折しそうになったりします。

その為、相手が見つかるまでの出逢いと別れの繰り返しは自然な事。ご縁のない相手は単なる通過点…と受け止め、打たれ強くなる必要があるのです。

2)いつ婚活を始めればよいのだろう。
アラサーの婚活は、いずれは結婚しようと思っているのなら思い立った日が吉日です。

残りの人生、今日より若い日はありません。そして、歳を重ねるごとにある程度の妥協も選択肢につきまとうからです。時間にゆとりがある分だけ、落ち着いて人を見極め、現実を受け止め、自分の心に問いかけることができます。

また「いずれ結婚したい」位の願望である今ならば、焦りや相手への過剰な期待も持たずに済むので、アラサーが婚活しようと思うなら、よほどの事がない限り、今をおいて他にないのです。

3)婚活前の3つの準備運動
%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%b5%e3%83%bc

①自分の魅力を探す
本来歳を重ねた分、20代にはない熟成された魅力があるはずです。もしこれといって浮かばなければ、『あなたが信頼できる』友達、会社の人、親兄弟に聞いてみてください。自分でも思いもよらない気づきがあるかもしれません

思うような解答が得られなかった場合は、自分の「好きな事」」「得意な事」「今まで感謝されたこと」を徹底的に書き出してみてください。その中にあなたの魅力は必ずあります。

本当は魅力がないのではなく、「気づいていない」だけなのです。

②期限をある程度決める
アラサーの婚活はある程度期限を決めることが重要です。今の気持ちは下記のどれに近いでしょうか?
・早急にしたい
・2~3年くらい後
・特に期限は決めていなし、こだわりはない
期限によって今後の方向性が変わるからです。

③自分の恋愛傾向、価値観を確認する

あなたの恋愛傾向、価値観は下記の4つのどれに近いでしょうか?
1)積極的に恋愛していた。もしくは恋愛はプラスのイメージ。今後もそうしたい
このような場合は浅く広くの短期戦が向いていると思います。紹介、合コン、婚活パーティー、結婚相談所…何でも良さそうです。

この人だと確信を持てる相手が現れるまで、出逢いを重ね、気になった人(2回目以降も会いたいと思う人)とはどんどん連絡先を交換し、色々な人と携わることで、自分はどういう人を必要とし、どうなりたいのかを見極めて欲しいと思います。

2)恋愛に自信がない。もしくは恋愛の仕方が分からない
仕事がとても忙しい、今まで異性と出会う機会がなかった、また人が集まる場所が苦手といった奥手の場合気もちと行動が上手くかみあわずしんどいこともあるのではないかと思います。

そういった場合は無理をせず、じっくり関係を育てていけそうな活動(種まき)をし、成長を待ちながら行動するのがおすすめです。基本は守備範囲の広い短期戦がよいのですが、無理に合わないことをしてもモチベーションが低下してしまうからです。

じっくり関係を育てていけそうな活動(種まき)をしてみる。
・信頼できる人にいい相手を探していることを打ち明ける。
自分から言わなければあなたが悩んでいることを誰にも気づいてもらえないのです。自分の気持ちを打ち明けると新たな気づきがあり、運が良ければあなたに合いそうな人を紹介してもらえるかもしれません

・自分の趣味、やってみたい習いごとを始めてみる。
ここでは自分の活動範囲を広げるリハビリみたいなもので、人と接する機会を作るためのものです。自分磨きをしつつ、周りの同性・異性はどんな感じなのか傍観するのが目的です。友達ができれば尚いいです。

・婚活アプリやネット婚活を利用してみる
自分の開いた時間にできて、相手の顔が見えない分、リラックスしてやりとりができます。ちょっとした会話の練習になりますし、上手く行けばじっくり関係を育てて行くことができます。

※但し、相手の顔が見えないからこそ不透明な部分があったり、会わない分だけ相手を美化し、一人で盛り上がったりすることがあるので、アラサーの婚活において過剰な期待は禁物です。

慣れてきたら…
・少人数制の婚活パーティーに参加してみる
実践編として、少人数制の婚活パーティーに参加するのもおすすめです。ここでは結果にこだわらず、どういう時話がはずんだのか、上手く行かなかったのかたくさん経験を重ねることが目的です。

婚活パーティーに関する本、情報は探せばいくらでもあるので、いくつか目を通してみるのも良いと思います。

婚活パーティーもまた地元や趣味に特化したもの等 様々なので、経験する=成功…とみなして無理のない範囲で活動してみるのも良いのではないでしょうか?

ちなみにこのような場合は結婚相談所もおすすめです。
・早急に結婚したい
・恋愛以前に家庭の事情、仕事等で特定の条件を満たす人としか結婚できない
・恋愛はある程度経験がある。そろそろ結婚を考えたい

なぜなら目的を結婚に特化している場所に行くことで、より望むものの姿が明確になります。

誰かにサポートしてもらうことで、常に自分を客観視しながら、相手を見る目と自分の魅力を育てて行くことができます。また今まで気づかなかった意外な発見に出逢えるかもしれません。アラサーの婚活手段として充分検討の価値があります。

自分の恋愛傾向や価値観からどんな婚活をするか考え、まずは何かやってみましょう。それでも合わなかったら、いったん休んでリトライするか、目先を変えて今までやっていなかった方法でチャレンジしてみましょう。

出口の見えないトンネルは時に苦しく不安になるけれど、たくさんの異性と知り合い、色々なところにお出かけ、冒険できるのは今しかないのです。

その先にあるものは、あなたにとってかけがえのない宝物になるはずです。

-婚活の背景(ちょっと辛口)

執筆者:

関連記事

晩婚化は進む

晩婚化から何を感じますか? 【目次】 1)晩婚化を深刻にする3つの背景 2)晩婚化に伴う結婚観への矛盾 3)男女互いが求める4低 4)晩婚化だからこそ大切な3つの事 晩婚化は今の時代背景から、やむを得 …

結婚市場の価値

結婚市場の価値は年齢が上がるほど厳しい… 【目次】 1)結婚市場の価値を就活市場に例えると? 2)区別化されるのは結婚市場だけではない 3)結婚市場の価値を踏まえた婚活 私がここでお伝えしたいのは結婚 …

なぜ成婚ってこんなに難しいの?

成婚ってなぜ難しいのだろう?   結婚相談所の成婚率の相場は約10%、35歳の男女が結婚できる確率が2~3%という現状に比べればその数字は高いのです。   …しかし、結婚相談所は「 …

パラサイトシングルと結婚

パラサイトシングルが結婚に踏み切るには… 【目次】 1)パラサイトシングルを取り巻く環境 2)実家という楽園の果てに 3)元パラサイトシングルは語る 4)パラサイトシングルが結婚に踏み切るには &nb …

結婚したくない男がいるのは何で?

結婚したくない男は意外と多いのです 今の時代背景から結婚したくない男は増えています。ここにはいくつかの原因があります。ここではそんな結婚したくない男と今度どう接していけばよいのかについてまとめてみまし …