結婚相談所のおすすめ&一押し!本気の婚活!!

本気の婚活で最高のパートナーを探そう!結婚相談所のおすすめと、さくいろが幸せな結婚に役立つ豆知識を提供するサイトです(^ω^)♬

婚活の背景(ちょっと辛口)

晩婚化は進む

投稿日:2016年11月7日 更新日:

晩婚化から何を感じますか?

【目次】
1)晩婚化を深刻にする3つの背景
2)晩婚化に伴う結婚観への矛盾
3)男女互いが求める4低
4)晩婚化だからこそ大切な3つの事

晩婚化は今の時代背景から、やむを得ない現象です。

無計画に結婚し、周りまで巻き込んでしまうくらいなら、慌てずしっかり自分の気持ちと相手を見極めて結婚した方が総合的には良いのです。

しかし、3つの背景が晩婚化をより深刻にさせていることは無視できないのではないでしょうか?

 

1)晩婚化を深刻にする3つの背景
①「自由」…昔と違い結婚が絶対的なものでなく、強制力もない。その人次第

②「便利」…時代のニーズに合わせ多様化する環境、日々の暮らしを快適にする家電・調理器具などの発達で1人でも不便さを感じない。

③「不安」…情報過多、経済的な不安要素から結婚にマイナスイメージがつきまとう

政府の対策が不十分であるが故の長引く不況、少子化問題が晩婚化により拍車をかけているのは間違いありません。

そういった意味では被害者的な一面もあります。

しかしやむを得ないことで自分を振り返ることなく、被害者意識が募ると問題の本質から遠ざかってしまいます。

 

2)晩婚化に伴う結婚観への矛盾。
結婚しない理由の中によくあるのは
「必要性を感じない」、「自由・気楽さを失いたくない」ことです。

そういった気持ちを抱えながらも「いずれは結婚したい」と考えている人はとても多いのです。

結婚願望を心のどこかに秘めつつも、想定される苦労を嫌い、手放せない自由があるのです。

この優柔不断さは決断に伴うリスクを避けて物事を解決したいという楽得発想から生まれます。

楽得発想へのしがみつきが結婚に対する意欲を奪い、自分がどうしたいのか分からなくさせているのです。

その為、いつまでも決められず慢性的に不安を抱えることになります。

今の環境では確かに結婚に二の足を踏みたくなる気持ちも分かります。

しかし、同じ時代背景でも結婚し、子育てしている人もいるのです。更に結婚している人が皆お金持ちとは限りません。

 

3)男女互いに求める4低
結婚できない理由にいい相手がいないとか、お金が足りないという…その背景を基に下記の現象があるという話が「バイキング」で放送されました。

女性が求める4低男
低姿勢 → 威張らない
低依存 → 家事を女性にのみに頼らない
低リスク→ リストラされない
低燃費 → 節約できる

このように相手に求めてばかりいる女性が、いいパートナーを見つけるのは至難の業でしょう。

男性もまた同じようなことを求めている人はけっこういるのではないでしょうか?

男性が求める4低女
低姿勢 → 自分をたてる
低依存 → 収入を男性のみに頼らない
低リスク→ 仕事を辞めない・リストラされない
低燃費 → 節約上手

2%e4%ba%ba%e3%81%a7%e6%ad%a9%e3%81%8f

4)晩婚化だからこそ大切な3つのこと
①政府に期待しない
いつやってくれるかも分からない対策をただ待っているだけでは何も変わりません。

晩婚化を深刻にした原因に政府が強く関連性があることを隠れ蓑にし、自分と向き合うことを避けてしまったら本末転倒なのです。

②相手が変わってくれることを待たない
今の時代結婚に必要なことは、夫婦のどちらか一方だけに役割を任せきりにすることではありません。

互いに協力し、生き抜くにはどうしたらいいかを考え、それに伴う力をつけることなのです。

お互いに理想通りになってくれるのをただ待つだけでは何も変わりません。

一見結婚に不利な条件を抱えていたとしても、
相手が手放したくないほどの魅力を持っているなら、

男の人は家事を手伝おうとするし、女の人も経済的補助ができるように…と歩み寄るものです。

まして、この先出産を考えているのなら時間は限られています。

③自分を偽らない
結婚を先延ばしして、やり抜きたいことは一体何でしょうか?確固たる目的があったり、自分を偽らずに導き出した結果が「結婚しない」というならそれも1つの生き方です。

何も結婚することだけが全てではないからです。

自分の人生や周りに責任をもって生きているなら慢性的に不安にならないし、不平・不満もでないものです。

しかし楽得発想を捨てられないから迷っている場合が殆どではないでしょうか?

その甘えが結婚へのマイナスイメージを増長し、晩婚化を深刻にさせているように思えるのです。

時代の晩婚化を建前に自分を顧みず偽りつづけると、失うものはとても大きくなります

-婚活の背景(ちょっと辛口)

執筆者:

関連記事

パラサイトシングルと結婚

パラサイトシングルが結婚に踏み切るには… 【目次】 1)パラサイトシングルを取り巻く環境 2)実家という楽園の果てに 3)元パラサイトシングルは語る 4)パラサイトシングルが結婚に踏み切るには &nb …

なぜ成婚ってこんなに難しいの?

成婚ってなぜ難しいのだろう?   結婚相談所の成婚率の相場は約10%、35歳の男女が結婚できる確率が2~3%という現状に比べればその数字は高いのです。   …しかし、結婚相談所は「 …

結婚したくない男がいるのは何で?

結婚したくない男は意外と多いのです 今の時代背景から結婚したくない男は増えています。ここにはいくつかの原因があります。ここではそんな結婚したくない男と今度どう接していけばよいのかについてまとめてみまし …

結婚市場の価値

結婚市場の価値は年齢が上がるほど厳しい… 【目次】 1)結婚市場の価値を就活市場に例えると? 2)区別化されるのは結婚市場だけではない 3)結婚市場の価値を踏まえた婚活 私がここでお伝えしたいのは結婚 …

アラサーの婚活

アラサーの婚活で大切なこと 【目次】 1)アラサー婚活への心構え 2)いつ婚活を始めればよいのだろう? 3)婚活前の準備運動 アラサーの婚活は基本的に難易度が高いです。特に女性の婚活はより割り切りと覚 …